新社会人OLの貯金100万生活

手取り16万新社会人女の貯金100万生活

2017年4月に新社会人になりました。来年の4月までに100万円貯金を目指します。

恋人と投資について話そうぜ②

f:id:chokinol:20170620004339j:plain

 

前回に引き続き、

恋人と投資について話すべき内容について考えてみたいと思います。

 

主は彼と投資について悲したことで、

 

彼が意外とこれからの人生にかかるお金のことを考えている

 

というところを知ることができてホッとしました。

 

やっぱり彼となら安心した生活を一緒にできそうだと思えたので、

皆様もぜひ。

 

 

 

どのくらいの金額をゴール設定にしているのか

 

 次に主が話すべきと思うのは、具体的にいくらくらいに増やそうとしているのかお互いに確認し合うことです。

 

 

 

 プロの投資家の方々、投資がもはや趣味な方々を除き、

ほとんどの人は投資でお金をドカンと増やす、ということをそもそも目的とはしていないと思います。

 

 いくら手にするために投資をするのか、

という部分が明確になっていると、

株を買って値下がりしたりしても慌てず辛抱強く向き合える傾向にあると

銀行勤めの先輩に教えてもらいました。

 

 この具体的な金額が設定されている場合、

かなり現実味をもって投資と向き合ってる方だと思うので、

安心されたし、と言いたい。

 

 また、「うーん投資っていくらくらい増やせるものなの?」とかいう反応が返ってきた場合は、一緒に投資の勉強をするチャンスです。

 

 このタイプは慎重で地に足の着いた設計をする人だと思うので、

情報さえきちんと選べるようになれば、コツコツお金と向き合ってくれると思います。

 

 

 

 またまた次へゴー!

 

 

何のために増やすお金なのか

 

 具体的な金額がわからなくても、

そのお金は何のために使いたいお金なのか、

ということが明確に話せるといいな、と思います。

 

 

  • マイホーム資金を投資で増やせたらいいよね!
  • 老後資金を投資で確保できると安心
  • 退職したら世界一周旅行をしたい!そのために投資を味方に!

 

 

 など、具体的な目的があると、リスキーなことはしませんし、

投資について前向きに考え、学ぶこともできる。

 

 ただただギャンブラーのように投資を考えている人は

ここまで具体的な人生と絡みついた話はできないそうです。

 

 また、投資について興味のない恋人をお持ちの方でも、

お金を増やそうとする目的や具体的な金額についてなんとなくでも共有することで、

投資だけでなくお金について考えた生活を送る第一歩を踏み出せる。

 

 

それに夢があっていいですよね。

 

お金が増えるのがうれしいのは、出来ることが増えるからこそうれしい。

 

個々の部分の話は大いに盛り上がるのでおすすめしたい。

 

 

 

いつまでにいるお金なのか

 

 

 最後は、いつまでにいるお金なのか、

ということについてです。

 

先の目的のように、

 

  • マイホーム資金を少しでも増やす
  • 老後貯金を投資で確保する
  • 退職後に世界一周旅行をする!

 

などの目的と、具体的金額が定まっていた場合、

投資の方法によってそれが達成できる期間に差ができます。

 

多少リスクをとってもマイホーム資金の500万を

10年後に1000万にしようとするのか、

 

それとも老後に使う予定の500万を

40年かけて1000万に増やそうとするのか、

 

これによって、投資とどのくらいのスパンで仲良くしていこうと考えているのかがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

以上のことをちょこちょこと話し合っているうちに、

その人のお金についての考え方を知ることができます。

 

リスクをとってハイリターンを狙うタイプなのか、

リスクを最小限に抑えようとするタイプなのか、

投資なんて微塵も考えてないタイプなのか

 

それを知ることによって、

具体的に家族になった時のお金の感覚についてすり合わせていくことも可能だと思います。

 

 

結婚して

「オット、しまった!彼(彼女)はお金について何も考えていないタイプだったか・・・」

となるよりは、

今のうちから情報を共有し、家庭経済の荒波をともに戦える戦友となってくれていた方が心強いですよね。

 

 

 

主はこれからも彼とお金の話を積極的にしていきたいと思います。

 

 

若い今だからこそ、備えられるところできちんと備えていきたい。

 

そのためには、彼のお金についての考えを知ろうと思います。

 

 

 

 

おにぎり生活もがんばるぞ。

 

 

給料日、はよこいこい・・・・!