手取り16万新社会人女の貯金100万生活

新社会人だった1年で120万貯金できたブログ

2017年4月に新社会人になりました。就職から1年で120万円の貯金に成功。引き続き貯めます。好物はメロンパンスティックです。現在の貯金額は約180万円(2018年5月)引き続き頑張ります。

1か月分の生活費を一気におろす方が絶対お金が貯まると思う話

f:id:chokinol:20171022152023j:plain

 

 

主は大学時代、ほとんどお金が貯まらない生活を送っていました。

 

4年間で貯めたお金はたったの40万円。

 

友達と旅行に行ったり、たくさん飲み歩いたり、大学のいろんなイベントにも参加して楽しんだ4年間だったので特に後悔はしていませんが、

アルバイトも頑張っていたのにどうしてお金が貯まらなかったんだろう・・・?とおも思います。

 

 

そんなお金を貯められなかった私の生活を振り返ってみると、貯まらなかった1番の原因は「お金がいる時にその都度引き出していた」ことだと気が付きました。

 

 

 

当時の私は、自分の預金額もほとんど把握しておらず、振り込まれたアルバイト代だけ(大体毎月6万円だった)を使えるお金だとぼやんと思っていたのです。

 

にも関わらず、飲み会やほしい服が見つかった時にだけお金をおろしていたので、

自分が毎月どのくらい使っているのかもはやよくわからなくなっていました。

 

その結果「たぶん10万位あるだろうなぁ~」と思って残高確認をすると「!!!!!(絶句)」という状態に何度か陥りました。

 

しかも何にいくら使ったのかいつも覚えていなかったのです。(たぶん飲み代に消えていたのであろう。)

 

 

 

しかし、今は毎月給料日後に生活費として使ってもいいと決めている額を一気におろしてくるので、手元から現金が減っていくと同時に「やばい、使いすぎてる」と気が付くことができるようになりました。

 

 

1ヵ月分の生活費を一気におろすことで、ずぼらな私でも残金計算が一目でできるようになったのです。

 

 

これにより、大学生のころは毎週末行っていたATMに月一でしか行かなくなりました。

 

 

 

1ヵ月に自由に使えるお金は2万円(食費除)と決めて引き出してしまうと、

 

1週間の予算は5000円です。

 

私はいつも1万円で引き出すのではなく、5000円4枚で引き出しすようにもしています。

 

 

そうすると嫌でも予算が明確になり、財布のひもが引き締まるのです。

 

 

 

そして、1番の大きな点は、出入金手数料を支払わなくなった、ということです。

 

 

 

必要な時に都度ATMに行っていると、どうしても夜中のコンビニで引き出してしまったり、手数料のかかる時間帯に引き出してしまっていました。

 

でも、月に1回であれば、平日の9時から5時の間にATMに行くための時間を5分作ることは十分可能だったのです。

 

 

 

その都度必要な時にお金をおろすようにしている人は、そうでない人と比べて年間で5000円も手数料を多く支払っている、というデータもあるらしい

(ホンマでっかでみた)

 

 

5000円というと馬鹿にならない額です。

 

 

1回の額は数百円でも、自分のお金を引き出すために支払っていると思うとバカバカしくて悲しくなります。

 

 

 

 

もちろん、私よりしっかりしている人は都度引き出しでも十分節約に励めるはずなのですが、私には無理でした。

 

1ヵ月に1回の生活費予算をおろす、という方法がマッチしているようです。

 

 

 

1度下ろしたら、何が何でも次月までATMにはいかないようにしています。

 

どうしても必要なものを予算外で買わなければならない時以外は本当に行っていません。

 

 

貯金と節約で大切なことは、自分の支出状況を正確に把握することだとよく言われていますが、1ヵ月に1度予算を引き出すだけで、

 

  • ざっくりとした自分が使える額
  • ざっくりとした自分が使ってしまっている額

 

を把握することもできるので、もし都度引き出ししている方でお金貯まらないかなぁ、と思っている方がいたら次のお給料日からぜひ試していただきたいです。

 

 

 

大学生の頃の私も気が付いていたら40万ではなく100万くらい貯められていたかも!

 

 

貯金に関しては何事も早く始めるに限るな。