手取り16万新社会人女の貯金100万生活

新社会人だった1年で120万貯金できたブログ

2017年4月に新社会人になりました。就職から1年で120万円の貯金に成功。引き続き貯めます。好物はメロンパンスティックです。現在の貯金額は約220万円(2018年6月)引き続き頑張ります。

100万円貯めるまで~1つでいい、何か我慢する。

f:id:chokinol:20171228211606p:plain

 

 

最近、大学時代の友達や会社の同期と話していると、

みんな口々に「お金がない・・・」と言っていることに気付きました。

 

 

よく考えてみれば、去年までの私も毎日のように

お金がない!」と繰り返し四方八方に向けて叫び、

親や友達を困惑させていたなぁということを思い出しました。

(特に親、嫌だっただろうな・・・ごめんなさい)

 

 

去年の4月から約9か月間で100万円の貯金をすることができ、

ちょっとは成長した私が、「お金がない!!!!!」と叫ばなくてもよくなった方法について書いてみたいと思います。

 

 

最初の話に戻りますが、ぶっちゃけ

お金がない!」という友達は、お金を使っています。

 

「お金がない」のではなく、「お金を使って(結果)なくなった」

 

という状態っぽく見えるのです。

 

 

彼女たちから聞いた様々な羨ましすぎるお金の使い方を紹介してみましょう。

 

 

  • 先週はディズニーシーに遊びに行った、明日は銀座でランチなの。
  • 土曜日彼氏と箱根に行ったんだけど、次の日友達とレンタカーでドライブで、もー本当に今日はぐったりだわ!(話しているのは月曜)
  • なんか疲れてむしゃくしゃしちゃって化粧品買ったんだよね!デパコスで揃えると朝のテンションが変わるわ・・・!
  • このネイルかわいいでしょ!昨日新しくしてきたんだ~!
  • ほんと貧乏なのいやだ~、なんでこんなにお金ないんだろう・・・(1000円のランチを毎日食べながら)

 

 

お金、使ってますよ、すっごい使ってます・・・(うらやましいことこの上ないです。)

 

でも話を聞いていると彼女たちに贅沢をしているという意識はまるでなく、

いたって普通の生活をしているのにお金がない、と思っているらしいということに気が付きました。

 

 

しかし、私の友達の多くが普通だと思って過ごしている生活は、

普通ではないと思うのです。

もはや、↑のような生活は、「贅沢」です。

 

私たちは様々なSNSやテレビなんかのメディアから、

うその「普通レベル」の生活を刷り込まれていると私は思っています。

 

 

  • みんなかわいいネイルをしている
  • 美容院は毎月1回行くものだ
  • 週末は楽しいイベントを詰め込むものだ
  • 一人寂しく家にいるのはつまらない
  • いつもおしゃれなファッションをしていなければならない

 

全部、全部、そんなことないはず。

毎月ネイルを変えて、美容院にも行って、毎週末なにがしかのイベントに参加するのは十分セレブで贅沢な生活じゃない・・・・?

 

 

昔の私や私の友達たちが「普通に生活しているだけでお金がなくなっていく」と思っているのは、

そもそも普通の生活から逸脱した贅沢な生活をしているからお金がなくなってしまうってことなんだと思う。

 

 

16万円しかもらってないのに、

毎週末遊んで、ネイルをして、美容院に行って、お洋服を買っていては、

お金は絶対に貯まりません。

 

 

16万円しかもらってないのに、

オートロック付きの駅から徒歩5分のアパートに住んで、

エアコンを毎日ガンガンつけていては、お金は貯まらないのです。

 

 

 

お金を貯めるには、やっぱり何か我慢をしなくてはいけないんだ、

と私がやっと気が付いたのが、去年の3月でした。

 

 

それまでは、社員寮があるのにアパートを借りようか本気で悩んでいたし、

毎週末友達と飲んだり遊びに行ったりしていました。

 

その生活からなんとか脱出して、

100万円貯めるまで、

ひとつ、ひとつと我慢するものを増やしてきたのです。

 

 

最初はネイル、

その次はコンビニのお弁当、

その次は毎月の美容院、

その次はペットボトルや缶の飲み物、

その次はカフェにいく頻度・・・・

 

 

と少しずつ少しずつ慣らしていきながら、

「これだけは本当に好きだから死守」

と思うもの以外、ゴリゴリと削ってきました。

 

 

ほとんどはなくても案外平気なもので、やめても平気なものばかり。

 

 

生活水準を上げることは本当に簡単ですが、

下げることは至難の業だと言います。

 

でも、最初に1度、やめてみたら、毎月数千円から数万円貯金に回せるアクティビティや買い物を現代人は何個も持っているものです。

 

 

1つやめてみて、本当にストレスに思ったら、

違うものをやめてみたらいいのです。

 

そうやって、本当に必要なもの以外にお金を使うことを1こでもやめることができれば、貯金はコツコツと勝手に貯まっていってくれます。

 

 

 

お金が貯まると、一生懸命我慢したり、工夫したりして貯めたお金だから、と

必死にどうやって使うのが1番自分にとって有益で楽しいかと考えることができます。

 

 

 

何か1つを我慢してみることは、貯金体質になる上で最も難しく、でも必要なステップだと思います。

 

楽しくお金をいっぱい使う生活を普通の生活だと思うと我慢するのは苦しくなりますが、

我慢して節約する生活を普通の生活だと思えるようになると、

ちょっとした贅沢や買い物が特別に楽しい瞬間に変わってもくれます。

 

 

「お金を貯めるためには、我慢しないといけない」

と心が覚えてくれると、

「じゃあどうやって工夫して、我慢を小さくしようか?」

とか、

「お洋服よりコンビニ弁当の我慢の方が私には楽だな」

などと色々なことを考えたり、色々なことに気付いたりするきっかけにもなってくれる。

 

ちょっとの我慢は、貯金にとっていい事尽くめ。

 

 

 

1個何か我慢すると、自分でも驚くほど貯金が楽になります。。

 

みんなで頑張って、本当に大好きで必要なことのために使えるお金を蓄えましょう。

 

 

 

私も引き続き頑張るぞ~!