手取り16万新社会人女の貯金100万生活

新社会人だった1年で120万貯金できたブログ

2017年4月に新社会人になりました。就職から1年で120万円の貯金に成功。引き続き貯めます。好物はメロンパンスティックです。現在の貯金額は約220万円(2018年6月)引き続き頑張ります。

貯金は心の余裕 20代は目標金額を決めるプラスαで辛くない貯金に

 

貯金があるって心の余裕につながるな、と最近改めてしみじみ思います。

 

思えば大学時代は貯金なんてほとんどなく過ごしていました。

貯まっていたと思えば使い切ってしまい、バイト代の振り込みまでなんとかしのいで・・・また使って、の繰り返し。

 

心の余裕はなかったし、

貯金=辛いもの、我慢

のマイナスイメージしかありませんでした。

 

でも今の私は違います。

まだまだではありますが、200万円の貯金に成功して、

少しずつ心にも余裕がでてきた。

 

 

f:id:chokinol:20180805041023j:plain

 

 

でも、ただやみくもに貯金額を増やしていくことを目的にしていると、

心の余裕は芽生えるどころか、種から腐ってだめになってしまいます。

 

「もっと、もっと貯めないと・・・」

と焦ってきてしまうからです。

 

 

そんなの楽しくないし、面白くないし、夢も希望もないので、

もっと楽しく希望のある貯金ができる方法をお伝えしたいと思います。

 

 

明確な金額・目的・プランを決めてしまう

 

 

目的、プラン、めちゃめちゃ大事です。

 

なんのために、いつまでに、いくら自分が貯めたいのか

とことん自分と向き合って考えましょう。

 

考えてみて、「貯金なんていらない!」と思うのもありだし、

考えた結果目標とする金額と、そのお金を使うための目的があるなら

その目標に向かって頑張ればいいのです。

 

 

例えば主の場合の20代の目標はこんな感じ。

(今年24歳になる年なので、実質あと6年で達成したい目標です)

 

合計で550万円の貯金が最低目標なので、

主が毎月最低でも達成するべき貯金額は約4万5000円になります。

 

 

①結婚資金・・・50万円 

今のところ29万円貯金できています。

派手婚への願望はあまりなく、ちょっとした食事会位と、新婚旅行でいいかな、と思っているので、このくらいで十分だと判断しました。

 

 

②老後資金・・・200万円

これはまだ手を付けられていない貯金です。

一般的に余裕のある老後のためには3000万円必要と言われていますが、

とりあえず20代のうちは老後のための貯金は200万円と決めました。

老後資金に3000万円は途方もなく多い額だし、

使う予定になるのもまだまだ先なので、優先順位は低めです。

 

自分の収入の上り幅と相談しながら、ちょっとずつ目標とプランをアップデートしていくつもりです。

1番使う予定が後になるお金なので、このお金から投資をやっていこうとも思っています。

 

 

③直近の生活費のリスク回避・・・300万円

今のところ約198万円貯められています。

300万円あれば家賃を支払ったとしても約1年は生きていくことができるし、

手術や通院などの突発的な出費も現金で対応できると判断し、この額を設定しました。

 

家族になにかあった時も、このくらい直近の自分のためのお金があれば、

気持ちよく支援をすることができます。

 

 

 

こんな感じで目標額、使う目的、貯める期間

この3つをしっかり固めてしまえば、

貯金は決して辛くないものになります。

 

 

あとは着実に目標に向かって毎月やりくりするだけ。

 

 

もちろん

 

ー1年後のハワイ旅行のために50万円!

 

なんかの楽しい目的もありです。

 

 

 

1年後のハワイ旅行のための50万円だったら、

例えばこんなプランで達成することができます。

 

①毎月4万1670円×12か月=50万円

 

②毎月2万5000円×12か月+ボーナス10万円(年2回)=50万円

 

 

どうですか?

そんなに無理なプランじゃないじゃん!って感じ、しません?

 

 

もちろん、ボーナスをどうするかも自分にあったプランを設定してください。

 

「ボーナス全額はきついな・・・5万くらいで設定しよう」

とプランを組むもよし、

「毎月4万強なんて無理・・・ボーナスを全額にして、毎月の負担を減らそう」

ってプランもよし!

 

兎に角、自分がきつくなさそうな、なおかつがんばれそうなプランにしてみてください。

 

 

 

貯金額も、あまりにムリして貯めないとだめそうな額を設定するのはやめましょう。

 

あくまでも、ちょっと工夫して、ちょっと我慢すれば自分ならいける!

というギリギリの額にしてみること。

 

 

貯金はあればあったで困りませんから、

前倒しで達成できそうだ!って状況になってから額をふやせばいいのです。

 

兎に角最初は、

①ちょっと頑張れば自分ならできそうな目標の貯金額

②ちょっと頑張ればできそうなプラン

から始めてみて、貯金生活を楽しめる自分を作ってみることが何よりも大事です。